株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 

73期のグループ業績は、教育サービス事業では、株式会社文理学院、株式会社高等進学塾の業績が加算されたことにより、また、医療福祉サービス事業では、サービス付き高齢者向け住宅の開業、事業承継や入居率向上、保育園の開園および学童保育施設の運営受託により、増収となりました。
利益面では、上期の増収要因に加えて、教育ソリューション事業の教師用ユニフォームなどの販売増加、待機児童解消予算対策に伴う園舎建替、小学校道徳教科書の新規採択と同指導書の販売により、増益となりました。
 

なお、当期は1株当たりの年間配当金を10円増配の70円としております。
今期は、「次代を拓くグループ力の結集」をスローガンとした2ヵ年計画「Gakken2020」の1年目であり、教育分野では事業変革により新しい学びを提供し、医療福祉分野ではサービス拡大と更なる品質向上の追求により学研版地域包括ケアシステムの実現を目指し、引き続きグループ一丸となり、更なる企業価値向上に努めてまいります。
また、株主優待制度を拡充するとともに、インターネットによる株主優待の受付を開始するなど、株主様の利便性の向上にも努めております。

 


株主の皆様には、今後とも変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

 

2018年11月

株式会社 学研ホールディングス
代表取締役社長

宮原 博昭