学研教育みらいは、4月に「一般社団法人 幼児教育保育用品協会」を、フレーベル館・世界文化ワンダー販売・ひかりのくに・チャイルド本社・ジャクエツの同業5社とともに設立しました。学研教育みらい・小林徹社長が理事に就任(代表理事はフレーベル館社長)。幼稚園・保育園・認定こども園市場の変化が著しい現況に対応するため、遊具等の安全基準の統一や月刊総合絵本の普及活動、園向けの教材・備品の整備ガイドラインの策定等、様々な活動に取り組みます。
幼児教育界において著名な有識者を理事としてお迎えし、様々なアドバイスを受けるとともに、幼稚園・保育園団体との連携・情報交換も視野に入れ、幼児教育・保育市場の拡大と安定を図ります。
今後は、協会を構成する各社の取引先など、幼児教育・保育業界に関わる企業・団体にも加入を呼びかけ、規模拡大を図る予定です。