平成27~29年度に40万人の保育の受け皿を確保するための「待機児童解消加速プラン」が予算化され、園インフラを支える園舎設計、備品、遊具、園業務支援システム等、保育の質を高めるための幼児教育教材、保育士をサポートする教師用ユニフォームの予算獲得が順調に進んでおります。平成30年からは「子育て安心プラン」が予算化されることから、引き続き受注拡大に努めてまいります。( 学研教育みらい 幼児教育事業本部)