株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

当第2四半期累計期間のグループ業績は、売上面では教育サービス事業の月謝改定や連結子会社の増加、教育ソリューション事業の好調な受注、医療福祉サービス事業の施設の新規開設、入居率および充足率の向上により増収となりました。


利益面では、教育コンテンツ事業の企画の厳選や不採算誌の整理による返品率・原価率の改善、医療福祉サービス事業の増収およびコスト削減により、増益となりました。


当期は「持続的成長へのテイクオフ」をスローガンとした2ヵ年計画「Gakken2018」の1年目であり、引き続き中長期的な成長と株主・投資家様重視の経営に取り組んでまいります。

 


株主の皆様には、今後とも変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社 学研ホールディングス
代表取締役社長

宮原 博昭