当社取締役会は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、会社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上を促し、収益力・資本効率等の改善を目指し、グループ企業価値の向上により株主の正当な利益を最大化するようグループ企業を統治することが、責務であると考えております。また、中長期的な観点からグループ企業価値を向上させるためには、株主以外のステークホルダー、即ち顧客、取引先、地域社会、従業員などへの配慮が不可欠であり、これらのステークホルダーの利益を図ること、及び企業に求められている社会的責任(CSR)を果たしていくことも、経営上の重要な課題であると認識しております。

 

かかる認識は、当社グループの理念に基づく「学研グループ企業行動憲章」でも述べているとおりです。当社グループの中核事業である教育ソリューション事業や高齢者福祉・子育て支援事業は、顧客の立場に立ち、良質な商品やサービスを適正な対価で提供することを使命としており、それ自体が社会的責任を担っているものと考えております。

また、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、当社は、株主総会をはじめとして、株主との間で建設的な対話を行うよう努めるとともに、その基盤となることも踏まえ、適正な情報開示と透明性の確保にも努めてまいります。
 

なお、以上の基本的な考え方に基づく当社取締役会の役割・責務の一つとして、次の事項につき認識しております。
 

  1. 経営幹部から取締役会で決議すべき事項の提案があった場合、取締役会は、その理由や背景事情についての情報を収集・分析し、合理的な意思決定を行い、経営幹部による迅速、果断な意思決定とその実行を支援すること。
     
  2. 経営幹部・取締役に対し実効性の高い監督を行うことを目的として、①会社の業績等の評価の実施及び当該評価の人事への反映、②適時かつ正確な情報開示が行われるための監督、
    ③内部統制やリスク管理体制の整備、④経営幹部・支配株主等の関連当事者と会社との間に生じ得る利益相反、について適切に管理すること。
     
  3. 期待される役割を果たすための資質を十分に備えた複数の独立社外取締役を選任し活用すること。
     
  4. 取締役・監査役のトレーニングの機会を確保すること。
     
  5. 代表取締役社長の後継者計画について適切に管理すること。